尾花循環器クリニック

03-5878-0878
予約なしでも受診可能です

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足の血管(静脈)がコブのように浮き出たり、クモの巣のように細い血管が透けて見えたりする病気です。

本来、足は第二の心臓といわれるように、ふくらはぎの筋肉が伸縮することでポンプのような働きをし、血液を心臓に戻しています。その流れを補助するように、静脈内には弁という構造があり、血液の逆流を防ぎスムーズに血液を流す役割をしています。

足の静脈弁が立ち仕事や妊娠などの負荷により壊れて正常に機能しなくなると、血液の流れに逆流が起こり、逆流した血液により血管の圧力が高まります。その結果、徐々に瘤のように拡張され膨らんだ状態になり下肢静脈瘤が形成されます。

下肢静脈瘤の主な症状
夕方になると足がだるい
足がむくむ
こむらがえり(足がつる)をよく起こす
足にかゆみや湿疹ができる
足の細い血管が網目状に透けて見える
足の血管が浮き上がってきた
足にコブのような膨らみがある

このような症状により日常生活に支障をきたす場合も多く、早期の治療が必要ですので早めにご相談ください。

下肢静脈瘤になりやすい人
女性に多く、歳を重ねるほど増えていく
家族に下肢静脈瘤になった人がいる(遺伝的要因)
長時間の立ち仕事(美容師・調理師・販売員・教師・医療従事者など)
妊娠出産を経験した方
肥満
下肢静脈瘤の検査

当院では下肢静脈エコー検査によって診断、治療方針を決定しています。検査は、脚にゼリーを塗って、超音波プローブを当てるだけですので、痛みがなく簡便です。繰り返し検査を行うこともできます。下肢静脈エコー検査は、観察部位により寝ている状態で施行したり、立位で施行したりすることで、血栓の有無や静脈の逆流防止弁が壊れているかどうかを評価することが可能となります。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤には大きく分けて4つの種類があります。

伏在静脈瘤

下肢静脈瘤で一番多いタイプで、7~8割が伏在静脈瘤だと言われています。伏在静脈瘤は、伏在静脈の静脈弁が壊れて血液が逆流し、ふくらはぎのまわり、むこうずねのまわり、膝のまわり、太ももの内側などで血管が拡張して浮き上がり、0.5~3cm程度のコブ状になったものです。 伏在静脈は典型的な下肢静脈瘤のタイプで、ふくらはぎなどにコブができやすい大伏在静脈瘤と、ふくらはぎ周辺や膝の裏側に瘤ができやすい小伏在静脈瘤があります。

大伏在静脈は足の内側を通っているもっとも太い静脈で、くるぶしから始まって脚の付け根で大腿静脈と合流しています。この合流部に負荷がかかって逆流防止弁が壊れ、病変が進行すると下腿部に広がっていきます。

大伏在静脈瘤の治療は、血管内レーザー焼却術やレーザー焼却術と硬化療法を組み合わせた治療やストリッピング手術などが一般的です。血管内レーザー焼却術は、手術跡がほとんど残らず、保険適用になっていることなどから最も推奨できる治療です。

小伏在静脈は、足の裏側を通っている太い静脈で、深部静脈と膝の裏で合流します。静脈瘤は膝の合流部以下の逆流防止弁が壊れて逆流が起きます。静脈瘤ができる範囲は比較的狭く、自覚症状も乏しいことが多いです。症状としては腓腹(ふくらはぎ)が膨らんだり、鈍痛が生じたり、けいれんが出るなどを訴える方がいます。

治療は小伏在静脈と膝窩の接合部を結紮し切離したり、小伏在静脈に対して血管内レーザー焼却を施行しますが、神経が近くに走っているため注意が必要です。近年保険適応になった、接着剤(グルー)による血管内塞栓療法はこの部位の血管内治療には非常に有効と考えます。小伏在静脈瘤の原因や症例にはいろいろなバリエーションがあるため、症例にあった治療方法を選んでいくことが大切です。

側枝静脈瘤

伏在静脈の枝部分の静脈弁が壊れたために血液が逆流し、その血管の圧力が高くなりできた静脈瘤で、伏在静脈から枝分かれした部分に発生します。膝から下の部分に出来ることが多いとされます。伏在静脈瘤が表在静脈で最も太い血管であるのに対し、側枝静脈はその次に太い静脈です。静脈瘤の症例としては伏在静脈瘤が多いものの、伏在静脈瘤と合わせて側枝静脈瘤を併発しているケースもあります。

伏在静脈瘤と併発することがあるため、特に丁寧にみていく必要があります。静脈瘤ができる範囲が狭く、血液のたまる量も少ないため一部が膨れて浮き出てくる程度であることが多くなっています。そのため進行するまで気付かないケースがよくあります。大伏在静脈の分枝部分の弁不全や静脈の機能不全による逆流などが原因とされており、まれに骨盤内の静脈の逆流が原因となっている場合もあります。

無症状であれば経過を見てもよいし、弾性ストッキング着用で悪化を防止してもよいでしょう。ただし、皮膚の炎症や色素沈着などがある場合には、潰瘍に進展することもあり手術治療が望ましいと思います。

網目状静脈瘤

基本的に網目状静脈瘤自体は手術の必要はなく、硬化療法や弾性ストッキングのみでの治療で済む、比較的軽症の静脈瘤です。外観が気になる方には、まず血管内に血管を固める薬を注入し血管を目立たなくさせる、下肢静脈瘤硬化療法をお勧めします。

クモの巣状静脈瘤

網目状静脈瘤より浅い部分にある真皮内静脈の拡張によって起こります。直径が1mm以下と細いことも特徴で、皮膚の上から放射状に広がるためクモの巣のように透けて見えます。瘤というよりは、細い薄紅色の血管が皮膚から見えるのが特徴です。

網目状静脈瘤と同様に血管の隆起はありません。大腿部、下腿部、膝裏などに起こりやすいとされています。比較的軽症の部類に分類されるクモの巣状静脈瘤。基本的には手術治療の必要はありません。弾性ストッキングや硬化療法などでの治療となります。

ただし、慢性静脈不全症と言って下肢のだるさやむくみ、湿疹などが生じるようなケースではきちんと治療を行わないと悪化する恐れもあるので速やかに病院を受診しましょう。

静脈うっ滞性皮膚炎

下肢静脈瘤や深部静脈血栓症など、足の静脈の血流が悪くなる病気(慢性静脈不全)の人は、老廃物を多く含む汚れた血液が足に方に溜まってしまいます。これを静脈うっ滞といいます。

静脈うっ滞を長年にわたって放置してしまうと、足の皮膚は血液循環が悪くなります。皮膚の角化細胞がダメージを受け、皮膚がカサカサになり、身を守るための皮膚のバリアー機能が壊されるので、外からの刺激に対して湿疹・かゆみを生じやすくなります。足のむくみ、湿疹・かゆみ、色素沈着など皮膚症状を生じ、進行すると皮膚が硬くなり、最終的には皮膚が潰瘍になることがあります。

静脈うっ滞に伴うこれらの皮膚症状を総称して「うっ滞性皮膚炎」といいます。進行すると潰瘍の悪化から骨髄炎をきたし、足の慢性炎症から敗血症をきたすこともあるため、早めに適切な治療をすることが大事です。

原因にもよりますが、まず基本となるのは圧迫療法です。弾性ストッキングまたは弾性包帯により足を圧迫します。これだけでもむくみ、湿疹・かゆみ、皮膚潰瘍などは良くなります。

深部静脈血栓症により深部静脈の弁が逆流するようになってしまった方は、圧迫療法以外に効果的な治療方法がないため、長期間にわたって弾性ストッキングを着用する必要があります。

下肢静脈瘤で表在静脈の逆流が見られる方は、レーザーまたは高周波カテーテルによる血管内焼灼術や、従来の手術方法であるストリッピング手術(静脈抜去術)が適応となります。手術により静脈の逆流を止めることができれば、湿疹・かゆみ、皮膚潰瘍などは改善していきます。残念ながら皮膚の色素沈着は一度生じてしまうと改善するのは難しく、できるだけそのような症状が出始めた段階で治療を開始することが望まれます。

軟膏を塗っても治りにくい皮膚炎はうっ滞性皮膚炎を疑い、超音波検査を受け、適切な診断と治療することが重要です。治療は長期間に及ぶこともありますので、途中で中断せずに持続的に根気よく続けることが肝要です。

下肢静脈瘤の治療法
原因血管を閉塞させる方法 … 血管内レーザー・高周波治療、グルー治療
原因血管を切除する方法 … 静脈瘤切除
原因血管を取り除いてしまう方法 … ストリッピング手術
静脈瘤に直接細い針を刺し硬化剤を注入する硬化療法 … 硬化療法
保存的な弾性ストッキングによる圧迫療法 … 弾性ストッキング療法
当院の設備

特に伏在型静脈瘤(大きな静脈瘤)に対しては、現在は血管内レーザー・高周波治療が標準治療になっており、当院では、日帰り手術が可能なレーザー装置、麻酔装置を設備しております。

当院では十分な経験を積んだ院長により、患者さまお一人おひとりに応じて適切な治療を提案させていただきます。
まずはお気軽にご相談いただければと思います。

当院は下肢静脈瘤血管内焼却術実施施設であり、手術症例は2021年3月1日より外科手術・治療情報データベース事業(NCD)に参加し、症例登録を行っております。ご理解をよろしくお願いいたします。

休診日水曜午後・日曜・祝日
水曜午後は東京臨海病院にて手術の為、休診とさせていただきます
03-5878-0878
予約なしでも受診可能です
所在地
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西5-4-12 1F
アクセス
電車でお越しの方
東京メトロ東西線「西葛西」駅 北口より徒歩2分
自転車でお越しの方
クリニック前に駐輪スペースがございます
車でお越しの方
専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください